株式会社エイエルエイ中央研究所

エイエルエイ中央研究所トップ>研究内容

研究内容

最新の技術を駆使して「健康」を探求する

 人は、腸内に人体の総細胞数よりもはるかに多い100兆個ともいわれる微生物を抱え、お互いに共存しながら健康を維持しています。 当研究所は、この健康の維持に欠かすことのできない腸内細菌やその他の有用な微生物の力を応用して作られるBFの研究開発を進めています。

 これまでの研究結果から、BFには、肝・腎機能の改善をはじめ、大腸がんの抑制作用、腸内菌叢の改善作用、免疫力賦活作用等、 広範囲にわたる機能性のあることが動物実験などにより解明されました。 今後も、健康な生活づくりに貢献するため、BFの更なる機能性の強化を図り、機能性食品の可能性を探求し続けてまいります。

研究所の主な役割

安全管理

安全管理

乳酸菌生産物質(BF)をはじめ当研究所で開発された新規物質や機能性食品素材について、人体に対する安全性を確認するために各種試験による評価を実施し、安全性が確保された物質や素材をもとに製品開発を進めています。

品質管理

品質管理

微生物検査や成分分析などを行い、製品の徹底した品質管理を実施しています。

新規有効成分の探求

新規有効成分の探求

発酵により生産された成分や微生物菌体由来の成分を実験動物や培養細胞等を用いて評価し、その生理作用メカニズムの解明を行うと共に、成分の単離・精製および構造解析の研究を行っています。 また、腸内フローラや免疫応答の解析により、それらの成分の摂取による生体への影響を解明し、臨床的な効果の検証を行っています。

製品開発

製品開発

乳酸菌などの有用菌の培養方法や有効成分の抽出方法の検討を行い、研究により見出された有効成分や素材の持つ機能性を効果的に反映させた製品、およびその製造方法の開発を行っています。