乳酸菌生産物質のパイオニア 株式会社エイエルエイ中央研究所

新着情報

new 2016.05.26 論文発表一覧を更新しました。
new 2016.03.01 学会発表一覧に2015年の情報を追加しました。
new 2015.02.02 学会発表一覧に2014年の情報を追加しました。
new 2014.02.03 学会発表一覧に2013年の情報を追加しました。
new 2013.02.01 学会発表一覧に2012年の情報を追加しました。

論文発表

タイトル 発表者 発表誌 DownRoad
豆乳の乳酸菌発酵産物が腸内細菌および
大腸がん発がんに及ぼす影響
新 良一、伊藤幸惠、
片岡元行、原 宏佳、
大橋雄二、三浦詩織、
三浦竜介、水谷武夫、
藤澤倫彦
腸内細菌学雑誌
28 (1) 15-24, 2014

PDFファイルで閲覧
5.8MB

豆乳の乳酸菌発酵産物による
腸内環境改善と大腸がんの発がん抑制
新 良一、片岡元行、
三浦竜介、水谷武夫、
藤澤倫彦
BIO Clinica
29 (4) 84-88,2014
BIO Clinica
29(8)100-104,2014(転載)
細胞  46(11)43-47,2014(転載)

PDFファイルで閲覧
2.6MB

Improvement of Experimentally Induced Hepatic and Renal Disorders in Rats using Lactic Acid Bacteria-fermented Soybean Extract (Biofermentics) Ryoichi Shinl
Momoyo Suzukil
Takeo Mizutanil
Nobuyuki Susa
eCAM
6 (3) 357-363, 2009

PDFファイルで閲覧
5.28MB

乳酸菌生産物質とは何か?
またその歯科応用について
小野田歯科医院
小野田繁
日本歯科東洋医学会誌
26:1-9,2007

PDFファイルで閲覧
6.61MB

バイオファーメンティクス®の
歯科応用
小野田歯科医院
小野田繁
診断と治療
94:153-160,2006

PDFファイルで閲覧
14.1MB

気管支喘息の診断と治療に関する
循環器専門医の自己体験的学習
赤坂関口クリニック
関口守衛
診断と治療
91:759-765,2003

PDFファイルで閲覧
10.0MB

Influence of intestinal anaerobes and organic acids on the growth of enterohaemorrhagic Escherichia Coli O157:H7 Ryoichi Shinl
Momoyo Suzukil
Yoshiyuki Morishita
J. Med. Microbiol
51:201-206,2002

PDFファイルで閲覧
4.1MB

ノトバイオートマウスモデルにおける
新生児の腸内フローラ形成に
ガラクトオリゴ糖が及ぼす影響
鈴木百々代、佐藤 成、
大和田 勉、尾崎 明、
水谷武夫、森下芳行
腸内細菌学雑誌
12:81-88,1999

PDFファイルで閲覧
4.9MB

乳酸菌混合培養により得られた
代謝産物のDMH誘発マウス
大腸がんの抑制効果
新 良一、
鈴木百々代、水谷武夫
J. Japanese Society for Gastroenterological Carcinogenesis
10:137-139,1998

PDFファイルで閲覧
1.5MB



学会発表

2015年

第19回日本統合医療学会  IMJ2015山口大会

1)通常治療に難治のアトピー性皮膚炎に乳酸菌生産物質を投与し緩解がみられた47才女性例の臨床報告

2)豆乳の乳酸菌発酵産物の口腔ケアに関する臨床的検討【第2報】

3)豆乳の乳酸菌発酵産物に用いるLactobacillus fermentum ALAL020株の歯周病原細菌抑制作用

特許取得

特許タイトル 特許取得国 特許出願状況 特許取得番号
機能性組成物 韓国 特許成立 0367553
中国 特許成立 ZL99800117.1
ヨーロッパ
(イギリス・フランス・ドイツ)
特許成立 0994183
アメリカ 特許成立 6827953
フィリピン 特許成立 1-1999-00238
日本 特許成立 4163276
糖尿病合併症を
予防する組成物
日本 特許成立 4328058
炎症性疾患の
改善用組成物
日本 特許成立 4377117
免疫促進用組成物 日本 特許成立 4712289

このページのTOPへ